ノエルとバラの庭

お花をすぐに枯らしていた私が、いつの間にかガーデニング大好きに! 夢はいつかオープンガーデン!

Entries

バラの庭

今日もゆっくり写真を撮ることができなかったので、昨日の庭です。


DSC07790.jpg
朝の光に輝いています。
手前の薄い紫は、キャットミントです。
オベリスクは、ペッシュボンボン。
左手は、アンブリッジローズです。
その奥の濃いピンクは、リバプールエコー。
つきあたりの白いバラはアイスバーグ。
その左上は、ロンサール。
右上奥の濃い赤がバロンジロードランです。
アイスバーグとバロンジロードランの間にはまだ小さな蕾がいっぱいのバレリーナがあります。
どれもまだ、満開ではないけれど、これくらいの方が嬉しさと期待でいっぱい!!!



DSC07785.jpg
和の庭との間に作ったのは、アーチ兼パーゴラに誘引したのはラ・レーヌ・ビクトリアとマダム・ピエール・オジェ
コロコロとしてやや濃い方がラ・レーヌ・ビクトリア。
フワフワとしてやや薄い方がマダム・ピエール・オジェ。


DSC07780.jpg
最も早く咲き始めたバロンジロードランは、満開を過ぎてエネルギー不足になってきたようです。
うどん粉病が出始めたり、花がやや小さくなってきたり。
スプレーで薬をして、液肥も施してみました。


ロン
ピエール・ドゥ・ロンサールは、今が一番綺麗です。
雨が降らないでほしなあ~


DSC07796.jpg
赤い蕾のディオレサンスは、咲き進むと薄い紫になります。
白いバラは、花弁がいっぱいのボレロです。


DSC07777.jpg
家の壁を塗り替えたときに、塗装屋さんに無理をお願いし壁にワイヤーを張ってもらいました。
アンジェラはどこまで大きく育ってくれるでしょうか?
まだ、咲き始めたばかりです。


ポール
庭の一番奥に作った大きなパーゴラに誘引したポール・トランソンも咲き始めました。
ランブラーの中では、小型なのかなあと思いますが、もうすでになんとかパーゴラを覆うまで生長しています。
これから益々冬季の誘引が大変になってくるのでしょうが、それもまた、楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ロッサ=ノエル

Author:ロッサ=ノエル
ノエルとバラの庭に
ようこそ!

人気ブログランキングへ

最新記事

最新トラックバック